国金の教育ローンは保証人がいる?

ローンに伴う保証人は、必要な場合と必要でない場合があります。

 

国金の場合は、教育ローンを利用するにあたり保証人を必要とします。

 

又国金の教育ローンに伴う保証人については2通りの方法があり、ひとつに教育資金融資保証基金と呼ばれる公的な保証機関の保証制度を活用するもので、もう一方は連帯保証人を持つやり方となります。

 

一番ポピュラーの保証人の設定方法はやはり保証機関の保証制度を活用するものとなり、この保証制度は他の融資機関の場合と同じような仕組みの保証機関となります。

 

ただし、この保証機関を利用する場合は、当然利用するための費用はかかります。

 

それが保証料ということになりますが、おおよそ融資金額の1割分をこの保証機関に支払う事となりますので、保証機関を利用するとその分やはり費用はかさむ事は事実で、この保証料の支払いは、融資が下りる時に支払う事となります。

 

又連帯保証人をつけての融資の場合は当然保証料等が発生せずに済みますので、その分費用はかかりませんので、出来れば融資を検討する場合はこちらの連帯保証人をつける方法での教育ローンの利用が望ましいと思いますが、やはり連帯保証人となると見つけるのも中々難しいので、一般的に多いのはやはり保証機関を利用する形での融資となっています。

 

国のローンといえども、国金の教育ローンはどんな条件の場合であろうと保証人なしの教育ローンはありません。

 

つまり条件として非常に苦しい家庭環境の場合でもキッチリ保証人をつけるのが国金の教育ローンなので、色々な部分を考えて保証人をつけるとか、保証機関を利用する等が厳しいという場合は、最近では実に多彩なローンが色々とあり、尚且つ教育ローン等でも保証人なしで利用出来るものも幾つもありますので、教育ローンを利用したいと考える場合は、国金の教育ローンだけに限らず、色々なローン商品をよく確認し検討される事も大切です。

 

国金の教育ローンを利用し、尚且つ保証機関を利用する事と他金融機関で教育ローンを利用する事を比較する場合、実際金利は他金融機関のローンの方が高いと考えられますが、最終的に総額を比較すると実は他の金融機関のカードローン等の方が安くつく場合もありますので、お子様のための教育ローンの利用には、幅広い視野で色々なローンを見比べる事が大切です。

 

どんな融資商品でもやはり総合的に色々な要素を考えて決める事が必要なので、国金に借りると決めた場合でも再度他ローン商品との比較を行い、条件が合い、尚且つ賢く活用出来るローンを利用してください。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関