国金の教育ローンの審査

 

国金の教育ローンの審査は他金融機関よりも柔軟ではない

国金の融資に伴う審査に関して初めにお伝えすると、やはり他金融機関よりも柔軟ではないといえるでしょう。例えば、

 

 

  • お子様の教育ローンを国金で利用したいと考える。
  • 又それに伴い申込をする。

 

ですが、必ずしも国の教育ローンである国金の教育ローンは借りられるわけではありません。

 

 

やはりお金を貸す上で返済が困難と思われる申込者には教育ローンを貸しません。


 

 

ですが、既にこの時お子さんの入学が決定しているとすると、それがきっかけで入学出来る学校を諦めざるを得ない。こんな事になっては子供も可哀相ですよね。

 

いずれにしても国金の教育ローンを利用するにあたり審査は行われ、尚且つ審査により融資が受けられないケースもありますし審査自体もやはり厳しいので、借りられないという事が無いように国金での融資を検討であれば事前に審査をクリアできるポイントがあると大変便利ですよね。

国金の教育ローンの審査をクリア出来るポイントを知る

審査をクリア出来るポイントを知るという事は、融資を受けられない方のケースをみるとわかるのですが、融資が受けられない方の場合まず「返済を確証するための収入が無い」という事。

 

 

更に「自己破産の経験がある」とか「借入が数件ある」等となります。


 

やはり自己破産等の経験がある場合は、融資は中々難しいもので一般の金融機関を利用するにも自己破産者の場合は、破産から10年前後はお金の借入は難しいので、国金も同じく自己破産経験のある方には返済能力が乏しいという事で教育ローンの融資審査には可決しません。

 

尚且つ利用しようとする教育ローン以外にも幾つもの借入がある場合も同様に返済能力が乏しいと判断されますので、国金の教育ローンの利用は難しいと思います。

国金の教育ローンの審査に必要な返済を確証するための収入って何?

では、返済を確証するための収入とは何か?要するに融資をする上でやはり収入が低い場合は、返済に支障をきたす事も考えられ遅滞の不安要素もあるとみなされるので、こうした収入が少なめの方による融資も国金では、許可されない傾向です。

 

国金はそもそも国の融資という事で、非常に良心的なイメージがありますが、実際は弱いものを救うためのものではなく、尚且つ困っている方の救済機関でもないためお金のない人や他に借入が複数ある場合等、教育ローンの融資許可はおりないのです。

 

 

更にいえば、収入が非常に多いお宅の場合も国金の教育ローンは受けられず、収入は低くても多すぎても国金の融資の場合は許可されないのが国金のローンです。


 

ですから、先に紹介するような事が思い当たる場合は、紹介する内容ををよく踏まえ、それでも尚教育ローンの利用が必要な場合は、国金のローンだけに労力や時間をかけずに、他金融機関のローン商品も検討される事が必要ですし、他の金融機関でも独自に設ける教育ローンは多数あるので、そうしたローンの利用を検討される事がスムーズに子供のための資金を用意出来ると考えます。

教育ローンを借りるタイミング

近い年代の子供が複数いる場合などは教育費の必要が急激に高まることはよくあることです。そのためにさまざまな融資機関が教育ローンを整えています。

 

 

国金の教育ローンは「国の教育ローン」とも呼ばれており、おすすめできる教育ローンの中のひとつです。


教育ローンの目的の多くは私立高校や大学の入学金や授業料

教育ローンの目的というのは、私立高校や大学の入学金などである場合が多いはずです。特定の時期までに大きな額を支払う必要があるため、借りるタイミングを見計らっておくのは大切なポイントです。

 

国金の教育ローンの場合は特に審査にかかる時間も考慮するならば、

 

 

合格発表を待たずに申し込みをすることをお勧めします。


 

教育ローンは入学金以外にも新たなスタートで当然に必要となる準備のための資金として活用することができますので、受験を始める頃には安心してそれに臨めるように教育ローンの申し込みをしておくのが得策です。ただし、国金の教育ローンの場合には入学金としての目的での融資申請の場合のみ、合格発表を待たずに申請をすることが可能となっています。

国金の教育ローンの据置期間を活用する

もうひとつ覚えておきたいのは、据置期間の活用です。教育ローンの特有のシステムであるとも言えますが、教育ローンの申請を行い、

 

 

実際に融資を受けてから卒業までの間は利子の支払いだけでよいというのが据置期間です。


 

そして、卒業をしたあとに元本+利子の支払いをはじめて行くということです。特に数人のお子さんがいる場合には、一度にすべての教育ローンの支払いを進めていくのは難しい場合もありますので、この据置期間を賢く活用し、返済が多重化しないようにすることが良いでしょう。

 

国金の教育ローンは合格発表前の申し込みや据置期間の設定などがありますが、他の融資機関の教育ローンでは据置期間がなく、すぐに元金の支払いが始まる場合や、一方入学金以外の目的でも合格発表前の申し込みが可能であるなどのそれぞれの有利なポイントがありますので、目的に応じて申請する教育ローンを考えることも大切です。

教育ローンの融資の審査が通らない

資金面での問題のために子供がせっかく入学できた学校をあきらめなければいけないのは大変残念なことです。

 

そのためにも教育ローンでしっかりと資金不足を補いたいものですが、やはり国金の融資は教育ローンの場合もシビアです。国金の教育ローンを断られた場合に、審査担当者は必ずしもその理由を教えてはくれないようですが、ある程度推測を立てることはできます。

国金の教育ローンにこだわる必要はない

どうしても資金面で都合が付かない場合には、他の金融機関での教育ローンに申請をする必要がありますから、どうして融資の許可が下りなかったのかを知っておくのは大切です。国金の教育ローンが断られる際の「注意要素」となるものの代表的な例としてはは、次の3つがあります。それは、

 

 

  1. 返済を確証するための収入の不足、または過剰
  2. 自己破産などのマイナス要因
  3. すでにある他の借入金

 

の3点です。23の点は、他の融資の場合にも共通するものですから理解しやすいはずですので、1のポイントを少し詳しくご説明します。

 

返済を確証するための収入の不足ですが、これも他の融資と共通する部分であり、やはり国金側としては収入が少なく返済の遅滞の不安がある場合には、融資を許可しません。

 

通常は学費のやりくりが難しいので国の教育ローンを申し込む訳ですが、

 

 

これに関しては残念ながら解決策はありません。


 

ですから、国金の教育ローンはあきらめて、時間をそこにかけずに、他の方法を模索することが賢明です。

地方自治体や他の金融機関の教育ローンも検討してみよう

例えば、地方自治体が教育費の貸し付けを行っているなどの場合もありますし、他の金融機関が独自に設けている教育ローンも確認しましょう。

 

注意が必要なのは、他の金融機関でも「国の教育ローン」として掲げているのは、同じ国金の教育ローンのことです。時間の無駄を省くため、その他の融資商品へ申し込むようにしてください。

 

実は、世帯収入が多すぎる時も許可がおりません。国金の教育ローンの場合は、世帯収入が990万円以上の場合は審査対象になりません。

 

これは世帯収入ですから、共働きの場合は夫婦の収入を合算した数字となります。収入が十分にあっても、支払いが多い場合には、どうしても融資が必要な場合もありますので、融通のきかない規則のように感じますが、やはり公的な融資の場合にはこのような制限があるのは仕方がありません。対策はやはり民間金融機関の教育ローンへ申請を行うことです。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関