国金の申請手続き

国金の融資を検討であればまず申請の手続きの準備を行います。

 

又申請する前にまず準備できるのが、自己資金の確認や保証人の確保等ですが、事業主の方の融資には事業計画の概略を立てる等も準備しておく事が大切です。

 

更に国金を利用するにあたり、申込者は国金の「どの融資が利用出来るか?」という部分の確認も必要ですが、準備が整い次第書類を作成していきましょう。

 

書類の提出後は必ず国金担当者との面談が行われますので、その面談で印象をよくするためにも国金のサイトを確認し、各融資内容を確りと把握しておく事も大切です。

 

特に創業予定の融資や創業後まだ数年の場合にはそれに伴う融資も色々とありますから、面談で結果を良い方向に向かわせるためにも各融資の内容を事前にチェックし把握しておく事が大切です。

 

こうした準備が整い次第、日本政策金融公庫の公式サイトより申請書をダウンロードし、記載していきます。

 

勿論この場合ダウンロードの申請書に記載し提出しない場合でも、これを確認する事により申請手続きには何が必要なのかという部分を抑えておく事が出来ますので確りと内容は認識しておきましょう。

 

このような準備が完了したら日本政策金融公庫の窓口に訪問します。

 

ただ、最近はネットを利用する事により国金の公式サイトからも申込みは出来ますので、申込方法に関しては状況に合わせいずれかを選択し申込みしてください。

 

ネットで申込みする場合は、国金から後日申込に伴う必要書類の連絡が入り、その後面談を経て融資の可否が判断される事になります。

 

申込の点から考えるとネットの方が行く(訪問の)手間は省けますが、融資を確実に有利な結果に導きたいという場合は、やはり申込に伴う準備が整ったら国金の窓口へ直接訪問する方が良いと思われますし印象もよくする事が出来ると思います。

 

要するに国金の融資を受けるにあたり国金に出向くのは、受付の際に一度訪問し、申請書を作成したらもう一度訪問します。

 

更に最後は面談を行う際にもう一度行くという形になりまから最低でも3回の訪問が必要となります。

 

勿論、中には国金が近場にないという方もおります。

 

国金が近くにないという場合は、申込書等はネットでダウンロードし必要書類や申請書の提出は郵送で行います。

 

草する事で後日担当者から面談の日程が伝えられますし、国金が近くない方の面談は直接担当者が家に来て面談を行うケースもありますので、近くに国金が無いという方は申込を決めたらネットを利用し準備を勧めていきましょう。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関