国金は保証人が必要なの?

国金の融資を受けるにあたり、保証人は必要か。

 

結論として国金の融資は殆どがこの保証人を必要とします。

 

又その国金の保証人は、連帯保証人という形の保証人となりますから、仮に借主が借金を払えなくなると返済義務はこの連帯保証人にかぶさる事になりますから、お金を借りるにあたりこの保証人を見つける事は中々難しいところです。

 

勿論、国金には保証人を必要としない融資も勿論ありますが、この場合保証人を必要とする融資よりも審査は厳しくなりますので、国金での融資を検討する場合は保証人の問題や保証人を必要としない融資に関しても考え十分に検討する事が必要です。

 

お金を借りるに伴い、やはり融資機関によっては保証人を必要とする場合も多く、そうなるとお金を借りる上での申込や準備等も色々とありますが、保証人を確保すると言っても簡単に見つけられるものではなく、当然だれもが保証人を簡単に引きうけてくれるわけではないと思いますので、国金の融資の利用を検討であれば、保証人を必要としない国金融資を利用するか、他金融商品を検討してみる事も必要です。

 

大体国金は、カードローンや他金融商品のような融資には無担保、無保証という融資ではなく、ましてや保証人がいない時に利用する信用保証協会等のシステムを採用しているわけではないので、保証人等が必ず必要となります。

 

ですから、お金を国金で借りる場合はその融資内容に伴い保証人を用意する必要がありますし、そうしたものなら保証人なく融資もうけられません。

 

ただ、国金にも保証人を必要としない融資もありますから、保証人の確保を考えどちらかの融資を選んで申込をする形となりますが、やはり国金自体そもそも審査は厳しい傾向なので、保証人をつけない融資を利用したい場合はそれに伴い審査も保証人つきの融資以上に厳しくなってしまいますので、国金を利用する場合はこの辺を踏まえ、利用すべきか否かを検討してみることも必要です。

 

民間の金融機関なら、保証人が無い場合でもある程度色々な用途に活用できる融資額の大きな金融商品も豊富にありますし、金利も最近は各金融商品共に競って低め傾向なので、国保は利用したいけど保証人を確保するのが難しいという場合は、無担保、無保証でも融資を可能とするカードローンの利用も検討すべきと思います。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関