国金から借りるための条件って何?

 

どんな融資商品にも申し込みにあたる条件があります。当然国金からお金を借りるにも条件があります。

 

又その条件とは、国金といえども融資制度の種類により異なります。ですが、国金は政府が提供する融資制度となりますし、尚且つ融資の内容も非常に良心的となるため一般の融資商品よりも当然その申込み、融資に伴う条件も色々と要求される事となります。

国金から借りるための条件は目的を明確にする事・返済計画を明確にする事

国金の融資に伴う条件とは「融資に伴う目的を明確にする事」は勿論ですが「返済の計画内容も確りと伝える」必要があります。

 

 

また「保証人の必要性」もあり、これらは国金から融資を受けるにあたりいずれも必要がある条件です。


 

更に、こうした条件を揃えるにあたり、それに伴う書類も必要になります。

国金から借りるための条件に伴う書類の事業計画書をしっかり作る

事業計画書は国金で融資を依頼する上で最重要なポイントとなると言っても過言ではありません。専門家に事業計画書の作成を依頼するか自分で作るかどうかは差し置き、何が事業計画書の中で重要になってくるのかは知っておく必要があります。

 

では、ここで事業計画書に必要な7つのポイントを取り上げましょう。それは、

 

 

  1. 簡潔な概略
  2. 会社の概要
  3. 対象とする事業の特徴
  4. 対象顧客の説明
  5. アドバンテージの説明
  6. 事業展開計画の説明
  7. 返済計画の説明

 

の7つです。この中でも大変重要な要素となる3つの点について解説します。

簡潔な概略

まずは、簡潔な概略ですが、これは事業計画書の最初に記載するものです。これはいったい誰が何をしようとして、なぜ融資が必要なのかをわかりやすく、また簡潔に説明します。感情や漠然とした期待を抜きにした分かりやすい説明を心がけましょう。

 

 

いわば、この概略で第一印象をしっかりと好感をもってもらうようにします。


アドバンテージの説明

次に技術を要する説明は、アドバンテージの説明です。これは、これから行うとする事業がどうして成功できるビジネスになるのかどうかを説明することですが、いわばもっとも創造性の高さやアイディアの斬新さを強調できる場所となります。同時に夢のような話しではなく、どれほど現実性がありつつそのような計画を立てているのかをわかりやすく説明するのが大切なポイントです。

 

対象となる顧客の説明の部分にもかかわりますが、誰に対してどれほど働きかけるビジネスになっているのかを具体的な数字を用いて表すようにしましょう。

返済計画の説明

そして、もう一つ力を入れて取り組みたいのが返済計画の説明です。国金は融資を渋ってはおらず、むしろ融資をすることを願っています。

 

しかし、なかなか審査が通らないのは、返済できるかどうかがはっきりしていないからです。返済ができることが確信できればいくらでも貸したいのが本心です。返済期間、金利を考慮に入れた計算などをしっかりと具体的な数字で表しましょう。

 

緻密かつ現実的な計算は必ず好印象を与えるものとなります。

国金から借りるためのポイント

いずれにしても国金でお金を借りるには、こうした条件を揃える事は勿論の事、その計画性をきちんと見せるべく書類の提出の必要性もあり、保証人の必要性もありますから、やはり非常に融資に伴う条件等が厳しいものです。勿論中には保証人なしでも借入できる国金の融資はありますが、

 

 

殆どの場合がこの保証人を求められますので、国金からお金を借りたいという場合はこれらの条件をきちんと揃え申込みする事が必要です。


 

こうしてみると「お金を借りるなら当たり前の条件」と考える方も多いと思いますが、保証人、借入れの目的、返済の計画等の条件は簡単なようで実は難しく、尚且つこれらを証明するにも時間もかかり手間もかかる事になります。

 

国金側も当然融資を提供している側ですから、それを利用している企業等を求めている事は事実ではありますが、実際この国金が提供する融資を受けるにはそれ相当の労力や手間がかかり、尚且つそうなるまでに大変な時間がかかるという事なのです。

 

勿論、この国金が提供する融資は大変安心感があり、魅力のある融資ではあるものの、やはりこうした条件の揃う融資というものは審査においても融資においても簡単にはいかないというのが本当のところなのです。

 

そのため、いざお金が必要となる場合は勿論国金を検討する事もお勧めではありますが、

 

 

「急いでお金が必要になった」時や、どうしても「○○日までにお金を用意したい」というような資金の調達


 

には、非常の条件の良いカードローン等も最近は豊富に存在していますし、尚且つカードローンを利用すれば「金利も低く」「審査や契約スピードも速いものが多い」ので、そうしたカードローンの利用も検討すべきだと思うのです。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関