情報は必ず確認

国金は政府が運営する機関のためか、正しい情報ではなくてもその情報を疑わずに信じてしまう事が多いようです。

 

ですが、いくら安心性の高い機関といえども情報は必ず色々な部分から集めきちんと認識し利用する事が重要ですし、情報は曖昧で大きくなってしまう事も多いので、国金の利用を検討であればやはり国金の情報をきちんと知る事が大切です。

 

例えば、国では補助金制度がありますが、この補助金制度と国金の融資は異なります。

 

そもそも補助金制度は色々な制度がありますし、名前だけだと間違う事も当然考えられますが、よくある間違いとして国金の融資制度と国の支援制度を同じものとして考えている方も多く、国金の融資もいわゆる補助金と勘違いしてしまう方もおります。

 

ですが国金は国金で、政府が資本を出す融資機関ではありますが、この国金はお金を補助金等で支援するところではなく、あくまでお金を融資する機関となりますので、この場所でお金を借りると当然それに伴い返済の義務が発生します。

 

しかし、本当に国の補助金制度は補助されたお金なので、そうしたお金には返済義務はなくお金が必要な場合は、その状況に応じて賢くこくこうした補助金を利用する事はお勧めできます。

 

このように国、政府の機関だからそこで借りるお金は補助金であると思いこんでいる方もすくなくありませんので、あくまで国金である日本政策金融公庫は、融資はしてくれるが支援金等はないという事を再度認識し利用は検討しなくてはいけません。

 

更にいえば、国金は政府の期間だから万が一に返済が滞っても督促は厳しくないと思われている方も多く、勿論そうした間違った情報も実際流れておりますが、国金の督促は厳しいというのが本当のところです。

 

勿論、何度も電話等で脅しをかけるような督促では当然ありませんし、督促の仕方が恐怖を感じるような恐いものではありませんが、実際支払いが遅れると何度も督促はされます。

 

例えば支払い日が30日の設定をすると、この日に支払いが遅れた場合、何度も督促通知が届きますし、仮に保証人をつけた融資の場合は、この保証人へも督促が行く事になります。

 

このように督促は支払い期日から1週間前後程度に届き、それは支払いが確認できるまで届きますし、保証人へも同じように督促状が届きます。

 

また場合によっては差し押さえ等の状況になる場合もあるので、国金は他金融業者よりも実は支払いが遅れた場合にかなりの頻度で督促される事になりますのでその辺もよく認識し借入は検討するべきです。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関