国金はどうやって借りるの?

国金は政府による融資機関なので、非常にお金を借りるにあたり安心感があります。また国金は、金利も低く返済の負担も軽減できるため、利用にはやはり便利に使える融資だと思います。

 

ただお金を必要とする時は、金利の部分や返済期間等も十分に検討し決めるべきですが、

 

 

いくら金利が低いといえども融資までに時間がかかれば当然お金の要り用に間に合わないという事もあります


ので、その辺も十分に含め確認する事も国金の利用を検討であれば必要となります。

国金の審査に時間をかけたくない方はコチラ

法人で借りるなら銀行若しくは国金・労金などの準公共機関の厳しい長い審査を受けなければならないと勘違いしていませんか?ビジネクストなら中小企業・個人事業主対象のカードローンなので銀行などに比べてスピード融資。事業計画書も必要ありません
下請けの支払が間に合わない、設備投資の資金が足りない等の今すぐの資金繰りに力を発揮します。

金利 ビジネスローン:3.10%〜18.0% カードローン:5.00%〜18.0%
借入限度額 最高1,000万円
一般にお金が必要という方の為のカードローン

プロミスなら低金利で初回なら30日無利息!!

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

初めてカードローンを利用するなら初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)のあるプロミスが一番。
カードローンは借入れ枠が大きいほど低金利で借りることが出来ますが、個人の与信でいきなり300万〜500万の融資がおりるような年収のある方はほとんどいません。ほとんどの方は他のカードローンならまず18.0%からなのがプロミスなら17.8%からと低金利なのです。しかも初回30日無利息だからこれは選ばない手はありません。
審査がおりれば近くの自動契約機でカードを即日発行できますし、契約を完了すれば全銀システムの稼働時間拡大に伴い振込可能な銀行が拡大していますので、即日振込も可能(各金融機関の振込対応時間はプロミスHPでご確認ください)です。

実質年率 年4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

大手消費者金融髄一の知名度で安心感があるアコム。最大30日金利ゼロサービスという無利息サービスも開始してますますスピード融資・低金利を実現し人気も高めています。
自社店舗・ATMも多く、楽天銀行とも提携して借入・返済が便利になっています。クレジットカードを持っていない方にはカードローンの審査で申込めるアコムマスターカードがあり、これもクレジットカード審査に困っている方によく利用されています。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円
国金の審査に時間をかけたくない方はコチラ

言わずと知れたメガバンク三菱UFJ銀行のカードローン『バンクイック』。CMなどで知名度も高い上に低金利なので人気もナンバーワン。銀行のカードローンには珍しく審査スピードも早いのでいち早く借入可能かどうか知ることができます。
最高借入可能額も500万円と充実しており、メガバンクのカードローンなので提携ATMも多数で借入場所を選びません。

金利 年利 1.8%〜14.6%
限度額 最高 500万円

国金での融資までの道のりは、まず申込みからスタートしますが、それには窓口に尋ねる事から始まります。

 

国金での融資のための申請書等は、日本政府金融公庫のホームページを利用する事によりダウンロードできますが、実際この申請書の提出までには日数がそれなりにかかります。

 

例えば、事業計画書もしくは保証人の必要があればその準備も必要ですし、保証人へも依頼しなくてはいけませんから本当に融資の申請書が準備でき、尚且つそれを提出するまでには融資を検討する方によっても色々と準備内容は異なると思いますので、結構月日はかかると思われます。

 

又国金は審査に非常に厳しい部分がありますから、事業計画書等は事前にしっかりと準備しておかなくては融資の可否も決められてしまうケースもあるので、ゆとりを持って準備が必要です。

 

こうした流れで書類を整え申請書を提出した後は、今度は国金の融資担当者との面談をする事になり、面談の日程は、国金の担当者と申し込み者双方の都合が合う時に面談が行われる形となります。

 

国金では、このように申請書等を事前に準備し、それが整い申請したら今度は面談となり面談終了後に審査という事になりますので、これまでにはおそらく半月程度はかかると思われます。

 

勿論スムーズに流れて半月程度の時間がかかるので、融資までとなると面談後の審査ですから、やはり国金での融資は融資が実行されるまでの期間は早くて1カ月前後はかかるものと認識しておく事が必要です。

 

国金を利用する場合、やはり時間的に余裕があるお金の要り用には、金利も低いので返済にも非常に有利なお金の借り方をできると思います。

 

しかし、お金を必要とする時は大抵「急に必要になった‥」「急ぐ‥」という事が多いですから、そうした場合には国金の融資は不向きと言えますし、それなら審査や申し込みも簡単で尚且つ今では金利の低い融資商品揃えられているカードローンの利用も検討すべきと思います。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関