国金の融資を検討ならビジョンを明確に

国金での融資を検討する場合は、やはりある程度どのような融資を目的としているか等の計画はきちんと立ててから申込む方が、融資を受ける場合の印象もよくする事が出来ます。

 

国金はそもそも「話を聞くだけ‥」というような場合でも融資をする対象としてみる事となります。

 

つまり、まだ「決めていないけど相談だけ‥」という場合でも国金の担当者は「どのような目的を持つ借入れなのか?」「計画性はあるのか?」等もチェックしながら話をしていきますので、国金に融資に関する話を聞きに行くだけの場合にもある程度の計画性や融資における見通し等を明確にしておく事が融資をいざ受ける時にも有利に運べます。

 

そこで、国金の融資を少しあげると「新規開業資金」「新創業融資制度」等の融資があります。

 

この融資は、個人で事業を始める等に利用する事の出来る融資ですが、こうした創業前もしくは創業直後の融資には色々なタイプの融資がありますし、条件としても好条件、好都合な仕組みが存在するので、例えば創業直後の数年の間だけというような運転資金であれば、通常の貸し付けを検討されるよりもこうした特別な融資制度を利用する方が良いと考えられます。

 

更に国金の融資には、女性やシニアのための企業家資金もありますので、条件を満たす事により通常の貸付よりもこうした企業家資金の方が有利な条件での利用ができますので、国金で融資を検討される場合は、条件の良い融資を利用出来るように賢くきちんと下調べをして準備される事もお勧めです。

 

又国金では「経営改善貸付」等も行われており、これは事業を行う方で尚且つ創業5年以上経過した方が運転資金等で融資を受けたいという場合に商工会議所の推薦がある事により、この「経営改善貸付」となる有利な条件での融資を受ける事も出来ます。

 

ただこの融資は商工会議所の推薦が必要となりますので、融資を受けるにあたり事前に商工会議所へ何度も通い経営上の相談や計画を立てる等が必要となります。

 

又この商工会議所の推薦を受けるには、ある程度相談や計画を立てるにあたり一定の回数、期間が必要となりますので、当座の資金繰りのための融資という場合はやはり時間が無い事が多いので、そうした場合の国金融資は「普通貸付」での融資を希望するしかありません。

 

ですが仮に「普通貸付」の融資の場合でも、やはり国金の融資に伴う審査は非常に時間がかかり、必要書類も多いので国金での融資をどうしても希望となればおよそ1ヶ月前後の審査期間はかかり融資においても早くて1ヶ月と認識しておかなくてはいけません。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関