国金の審査の柔軟性

 

国金の審査の柔軟性を考える場合、国金の審査は結論から言えば、かなり難しく慎重なものです。

 

国金の審査はそもそも申請書等の準備を行い申請書を提出した後面談になり、融資に伴う話し合いを行いますが、その場合基準に達していない場合は国金の担当者により申請書を提出する時点で改善要素などを担当者から指摘される事もあり、面談しても尚「融資出来る状態ではないです」というような面談で終わる場合もあるので、国金の審査をしっかりと通すためにも事前に審査を有利に運べるポイントを知る事も重要です。

国金の審査を早く通過するポイントをきちんと押さえる

ただ国金では申込の意思を伝え申請書を提出した場合に、申込者が融資基準ではなくてもきちんと面談や相談等を行い、アドバイスをしてくれる事もあり良心的なところもあるため、非常に審査が厳しく冷たいという事はないですが、やはり国金の融資は融資までに非常に時間がかかるので、より早くスムーズに融資にこぎつけるようにするためにも審査に通過するポイントをきちんと押さえる事が大切です。

 

そのポイントというのもやはり融資の目的となる資金の用途であり、それを示す計画書となるのですが、国金は融資を受けるにあたり事業計画書は非常に重要視するものです。

 

 

尚且つ、そこから返済能力の有無や計画性等を認識し「融資により経営が進展し改善される事が果たしてできるのか?」という部分まで慎重に確認します


 

ので、それを認めてもらうためにも計画はきちんと立て示す事が融資のための審査にも非常に重要なポイントであり大切なのです。更に国金からの融資を検討する場合はやはり自己資金の有無が大いに関係し、通常は事業資金の半分ぐらいの自己資金がある事が理想です。

国金の審査事例

例えば融資を2000万円にするなら、その半分程度1000万円前後の資本金がある事が必要となり、それが確実に融資につなげる事にもなるという事になります。

 

一般には、こうした自己資金が無ければ、国金での融資は難しいという事になりますが、場合により計画性が確りとしており、融資により経営も改善されるという確たるものがあリ、尚且つ保証人を2人確保するという事により稀に融資は行われるケースもありますが、やはり資本金の有無は融資の可否につながる事も大いに考えられるので、その辺を良く踏まえ国金での融資は検討されるべきです。

 

一概に国金の融資に伴う審査は厳しいという事は言えませんが、やはり国金の融資は条件の良い融資を提供するがゆえの慎重さがあり、シビアな部分も多分にあり、計画性や資本金等の面は大いに融資に関係してきますので、こうした部分もきちんと把握し国金での融資は検討すべきと思いますし、必要となる融資に伴う状況により審査の早い金融機関の融資等を検討する事も必要かと思います。

ブラックリストに載っている方は国金の審査を受けることが出来る?

 

ブラックリストとはいっても、国金がなにか特別なリストを作っている訳ではありません。


 

すでに他の借金などをもっていると国金が融資を受け付けてくれないので、そのような言葉が生まれているわけです。これは国金のみに関係することではなく、

 

 

たいていの融資機関や金融会社は信用情報機関を用いているので、借入金や返済の遅滞などに関する情報は隠すことはできないようになっている訳です。


国金の審査に致命的な影響を与えるブラックリストは存在する?

いわゆる、融資機関が共有できるブラックリストが存在すると認識していても間違いではありません。それが国金のブラックリストの正体です。その他の借入金がありながら国金で依頼をするときには、包み隠さず話すようにしなければなりません。

 

 

全銀連と呼ばれる全国銀行個人信用情報センターや全情連と呼ばれる全国信用情報センター連合会などではしっかりとその他の登録された金融機関での融資の情報を持っていますので、嘘をつけば必ずばれてしまいます。


 

その国金のブラックリストとも呼ばれている、いわば融資機関共有の情報では何が公開されているのか気になることでしょう。それらの信用情報機関では自己破産の有無借金の延滞情報保証履行の有無などを登録する金融機関が照会できるようにしています。

国金が持っている相談者のデータも審査に影響する

国金のブラックリストと呼ばれいているものの他に、国金が持っている相談者のデータも実際のところ同じような働きをします。単なる融資の相談に行った場合であれば情報が国金に登録されることはないようですが、融資の審査を依頼したならば必ず個人や企業情報が国金の持っているデータにしっかりと保存されます。

 

そこで一度断られて、しばらくしてから再度依頼する時や、他の国金の窓口で申請を試みる時も、そのデータが担当者によって必ず照会されることになるわけです。そこで以前に融資を断られたときの情報とはまったくつじつまの合わない依頼や説明をするならば、相手にはされません。

 

また、実質門前払いになることもあるでしょう。もし、これらの点で心当たりがあるならば、国金での融資が無駄足になってしまわないように念頭に置いた上での申請を行ってください。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関