運転資金とタイミング

国金の融資の魅力はやはり金利だと思います。

 

又国金は確かに金利が低く負担の少ない魅力のある融資商品を持つとも考えられます。

 

ただ、その融資を上手く利用するためには、やはり借りる際のタイミングもきちんと考える事は必要です。

 

要するに事業がおもわしくないという状態になり、尚且つ資金繰りに困ったという場合に融資を申込むでは、ハッキリ言って遅すぎると思います。

 

大体、国金は政府による金融機関となりますが、だからといって困った人の見方の機関ではないため、ギリギリの状態で融資を申込んでも駄目だということなのです。

 

何よりこの国金は「成功」「発展性」が見込めないものには融資を行いませんから、国金からの融資を検討する場合はその辺をよく認識しタイミングを見計らう事が必要なのです。

 

ここまでいえば、大体察しがつくと思いますが、国金からの融資の借入のタイミングは本当に困ってどうしようもなくなってからお願いするのではなく、困っていない時にこそ借りるという事が非常に重要なのです。

 

それを具体的にいうならば、例えば税金。

 

この税金を滞納しているという状態の時は申込をしてはいけません。

 

こうした税金の滞納などをしている状態の時には申込をしてもまず融資は行われませんし、万が一に他の借入等に困っている状況の場合にも申込をしても融資の許可はまずおりません。

 

仮にそうした事実を隠して国金へ申込んでも国金は信用情報センター等により情報を収集しますので、すぐにバレてしまいますし、こうした苦しい状況の場合には申込みするタイミングではないのです。

 

ですから、国金から事業の運転資金を借りようと思う場合は、事業における経営予測を常にしっかりと立てながら運営する事が重要で、予測を立てる事で事業の資金繰りに目途がつかなくなるという事も事前にわかりますから、その予測が立った時こそが国金からの運転資金を借りる絶好のタイミングとなります。

 

この要に国金から融資を受けるには、単に困ったから貸してくれでは融資は受けられませんので、事業を経営する場合は常に予測を行いながら融資に関しても考えなくてはいけません。

 

ただ中には、既にギリギリの状態で融資を国金で頼みたいという方もおられると思いますので、その場合は、先に紹介するように国金は救済機関ではないですし、その状況で国金へ申込みをするのは時間と労力の無駄になる事が多分に考えられますから、どうしようもない状況に今現在至っている場合の融資を検討する場合は、審査も早く、返済リスクが多少あっても融資が実現するカードローン等も視野に入れるべきと思います。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関