国金・運転資金融資の審査

国金の融資は、低金利が魅力の融資となります。

 

国金の運転資金融資も同様、低金利が魅力の融資です。

 

では、この国金の運転資金融資の審査に断られた場合どうすればいいか?

 

当然断られたとなると、急ぎでの資金調達の必要性がある方は、時間や労力をかけてももう無駄だと考え、多少金利が高くなるけど他の金融機関の融資に乗りかえると思います。

 

ですが、まず国金での融資が否決の理由をここで考えてみる事もお勧めです。

 

例えば「事業計画の内容が十分でなかった」とか、「利益を生み出す確証に至らなかった」等という理由により融資が受けられなかった場合は、再度調整し、そうした計画を改善させる事により再度申込して融資にこぎつける可能性はあります。

 

また「物理的な準備不足や保証人等が必要のない融資へ申し込んだ」場合は、同じくそれを改善する事により再度融資を申込む余地はあると思います。

 

こうした理由がみられる融資が受けられない場合は、こうした事を再度見直し、立て直す事により今度は融資における審査も必ずとは言い切れませんが可能性として上手く行くと思われます。

 

ですが、例えば融資されない理由が「税金の滞納」であるとか、借入れ等の「負債が多い」等の理由がある場合や「虚偽に申告」による融資がされない場合は、再度申込しても結果は同じですから、こうした理由による融資が受けられない場合は、やはり他金融業者での融資を検討しなくてはいけません。

 

いずれにしても国金で融資を断られた場合このように、2つの選択肢があるわけですが、まず実際断られたという方は、その理由が何か考えてみる必要があります。

 

国金の融資はこのような理由により融資を断る事も多々ありますが、運転資金のための融資となると、そもそも会社の存続が関わる事となりますから、実際再度申込するにしても又審査にかかる時間も多く、訪問等も数回に分けて行わなくてはいけませんし、融資自体1ヶ月近くはかかりますので「時間が無い‥」「余裕が無い‥」という場合は、国金に絞らずもっとスピーディーに融資してくれる金融機関は色々とありますので、別の運転資金に伴う融資商品を探される事がベストだと思います。

 

最近はカードローン自体非常に限度額も大きく、審査にも時間をかけずに融資を可能としていますし、それなら運転資金としても大いに活用できると思いますので、そうした柔軟審査でスピード融資を実現するカードローンの利用も検討すべきと思います。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関