国金の運転資金は保証人が必要?

融資には、その商品により担保や保証人が必要となります。

 

当然、国金の融資も同様に担保や保証人が必要の場合が多く、連帯保証人が必要な場合が殆どと言えます。

 

勿論、中には担保等を必要としない融資もありますが、保証人等が不要という融資は創業の場合の限られた物というのが実際のところです。

 

ですが、誰でも担保や保証人をつけられるものではなく、用意できないという方も実際おられますから、その場合は無担保、無保証人の運転資金融資となる「経営改善貸付」の利用がお勧めです。

 

ただ、この場合税金の滞納があってはこの融資は望めません。

 

この経営改善貸付を申込むためには税金の滞納が無い事が大前提となり、商工会議所等で経営指導員からの経営改善に伴うアドバイスを受ける事になります。

 

またその指導を受けるのはおよそ6カ月間となり、それを6カ月間続ける事により経営改善貸付となる国金の融資に申し込みが行えます。

 

こうした方法で段取りを組めば、担保も保証人の必要なく国金からの融資を受けられますので、どうしても事業のための運転資金を要する場合は、こうした方法により時間と労力をかけ、目的通りの融資へ申請する事が必要です。

 

ですが、中には6カ月間も待てないという場合もあると思いますので、その場合は第3者の保証人を必要としない融資へ申請してみる事もひとつの方法となります。

 

この第3者の保証人を必要としない融資とは、法人の代表者本人が個人として保証人になる事により保証人の部分をカバーできるという事になります。

 

ただしこうした融資を利用するにしても、融資を受けるためには税務申告を2期以上しっかりと行っている事が条件となり、所得税等もきちんと完納している事は条件になりますので、国金での運転資金融資を検討の場合は、この部分もよく認識し検討してみる事をお勧めします。

 

勿論、国金の融資とは単に条件を満たせば融資にこぎつけるという事ではありませんので、その辺もよく踏まえ国金の融資は検討しなくてはいけません。

 

大体基本的に国金の融資は保証人がいない事により融資の許可を受けるのは非常に難しいので、保証人や担保等も用意が出来ない、尚且つ税金もきちんと払えていない場合の融資には、国金のような審査の厳しく時間と労力のかかる金融機関ではなく、審査も非常に早く、融資自体も非常に早い融資を実現していていて、尚且つ保証人等の必要のない限度額も大きなカードローンの利用も検討すべきと思いますしそちらでの申込みの方が、効率よく資金の準備につなげられると思います。

スピード感のある融資を検討するならカードローンを絞り込み検索


絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関